渋沢教会
更新日:2007.02.20

渋沢教会について

渋沢教会は、小田急線渋沢駅近くにあるYさん宅の家庭集会から始まり、 1957年に設立されました。秦野市やその近隣の市町にお住まいの皆さんが集っています。 神さまからの啓示(けいじ)の書である聖書を良く読み、祈りを大切にする家庭的な雰囲気の教会です。 温厚な信仰を育み、入会を強制するようなことはありません。 宗教法人の認証を受けた教会として、組織的にもしっかりしており、信頼していただけます。 秦野市キリスト教協議会のメンバーでもあり、他の教会との交流も大切にしています。 どうぞ、渋沢教会で、これからの人生を深い喜びに満ちたものにしてください。

カンバーランド長老キリスト教会について

渋沢教会の正式な名前は、カンバーランド長老キリスト教会渋沢教会です。 ちょっと長いですが、渋沢教会のルーツを表しています。

カンバーランドは、アメリカ合衆国南部のテネシー州、ケンタッキー州に広がる地方の名前です。1810年に、その地方で誕生した教会なのです。 テネシー州ディクソンにあるモントゴメリー・ベル州立公園には、教会誕生を記念する丸太小屋(牧師館)と礼拝堂が建てられています。
長老は、聖書の中に見出される教会役員の名称です。

長老教会は、16世紀の宗教改革(教会改革運動)の祈りを継承しているプロテスタントの伝統に立つ教会だということを表しています。 教科書にも出てくるカルヴァン(カルヴィン)は、この長老教会の人でした。

カンバーランド長老キリスト教会は、アメリカ、コロンビア、ブラジル、中国(香港)、韓国、そして日本などに700以上の教会を形成しているグローバルな教会です。 神学校、大学、社会福祉施設なども運営しています。大阪女学院は、明治時代のカンバーランド長老キリスト教会の伝道活動から誕生したミッション・スクールです。

さらに詳しくお知りになりたい方は、カンバーランド長老キリスト教会日本中会のホームページをご覧ください (長老教会は、小会・中会・大会・総会と呼ばれる組織を形づくっており、長老たちの会議を大切にしています。 一人の人間に権力が集中したりすることがない健全な教会政治を目指しているのです。 日本のカンバーランド長老教会は、まだ小さな群れで、中会(ちゅうかい)まで形成されているところです)。