渋沢教会
更新日:2009.05.23

5月17日 ペトロの手紙一による説教『選ばれた人たちへ』

古畑 和彦牧師
詩編 第90編 1〜17節
ペトロの手紙一 第 1章 1〜 2節

 

信仰者は天国を目指す旅人です。しかし、使徒ペトロは、主イエスが十字架につけられた時、この信仰の旅を中断して、故郷のガリラヤへと帰って行ってしまいました。 私たちも、時に旅を中断して、もと来たところに戻ろうとする誘惑に陥ることがあります。 その時、私たちは、三位一体の神に選ばれた者であることを思い出させていただきましょう。 私たちは、イエス・キリストの十字架の血の注ぎかけによって、生きる者とされました。 その私たちを、すべてをご存知の父である神が選んでくださり、“霊"によって聖なる者として旅を導いてくださるのです。 ですから、私たちは恐れることなく、「イエス・キリストに従う」信仰の旅を歩むことができます。 この旅を続けていくとき大切なことは「恵みと平和が、ますます豊かに与えられる」ことです。 この恵みと平和があるから、私たちの信仰の旅はたとえ苦難の中にあっても心配はいらないのです。 私たちは、この週、私たちの信仰の旅を私たちなりに大胆に歩んでまいりましょう。