渋沢教会
更新日:2009.11.28

11月22日 詩編による御言葉の説教「どのようなときも賛美」

浜崎 孝牧師
詩編34編1〜23節
テサロニケの信徒への手紙一 5章16〜18節

 

「どのようなときも、わたしは主をたたえ/……賛美を歌う」と語りかける詩人は、どのような時を想い起こしていたのでしょう。 「追放されたとき」(1節)、脅かすものから苦しめられる時(5節)、辱めにあう時(6節)、苦難の時(7、18節)、災いの時(20、22節)、 謂れの無い罪に定められる時(23節)などでした。どのような時も賛美するという表明は、決して簡単ではないですね。 そして、だからこそ詩人のように言い表し、祈りの路を切り拓くことが大切なのです。

初代教会の使徒ペトロは、詩編34編を愛唱していたと想われます。ペトロ先生は12節以下の詩文をご自身の手紙に引用しているのです (ペトロの手紙一 3章8節以下参照)。主なる神さまに従う人の苦難を支えたい願った詩人の愛は、 時空を超えて使徒ペトロの苦難を支えるものとして用いられたのです。

ワシントン市に保存されているリンカーンの聖書を開けば、彼は5節の詩句を何回も何回も読んだことがわかるそうです。 リンカーンの苦難を支えた聖句のモチーフは、信仰の詩人の信実な祈りだったのです。どうか私どもも、 どのような時も主を賛美するという祈りと隣人愛を共有させていただきましょう。