渋沢教会
更新日:2010.1.11

1月10日 詩編による御言葉の説教「選びとしての沈黙」

浜崎 孝牧師
詩編39編1〜14節
ルカによる福音書9章28〜36節

 

この詩人も、死を予感する病気で信仰の闘いを体験しました。そこで彼は、「舌で過ちを犯さぬように」慎み、沈黙することを選んだのでした。 ハバクク書の預言は、「主はその聖なる神殿におられる。/全地よ、御前に沈黙せよ」(2章20節)と語りかけています。沈黙には、大切な意味があるのです。

必死で自己抑制した沈黙は、「苦しみがつのり」ました。それでも抑え難く語りだした詩人の言葉には、あかしにならないようなものは見当たりません。 それどころか、真の希望との出会いが語られています(8)。主なる神さまが、詩人の沈黙を祝福してくださったのでしょう。 その結果、10節では、質的に違う沈黙――主なる神さまは必ず助けに来てくださるという信頼からの沈黙が選び取られています。

詩人の沈黙は一層意味深いものになり、神さまの「沈黙」に向き合うことになりました(13)。ここに、尊い示唆があります。 詩人は、神と隣人を愛する祈りから沈黙を選びました。神さまこそは、そのご慈愛から「沈黙」を選んでいらっしゃるのです。 そして、そのご慈愛からまた語らないではいられなくなってくださるのです。沈黙の後の御言葉を待ち望みましょう。