渋沢教会
更新日:2010.1.27

1月24日 詩編による御言葉の説教「走り寄る愛」

浜崎 孝牧師
詩編40編1〜18節
ルカによる福音書15章11〜24節

 

この信仰の詩人は、主の恵みを数える(2〜7節)という知恵を働かせると共に、「自分の罪」を数えました(13節)。 そういう誠実な取り組みがあって、彼の信仰の知恵は深みを持ち、本当のものになっていったのです。

しかし、詩人は、自分の罪は数え切れないという苦境に立たされました。そして、「主よ、走り寄ってわたしを救ってください。 /主よ、急いでわたしを助けてください。」(14節)と祈ったのです(18節も参照)。これは、とても良い祈りです。

H.リングレンという聖書学者は、2節bの祈りを「主はわたしのほうへ身をのりだして、わたしの叫びを聞かれた」と訳していました。 身をのりだしてまで私どもの祈りを聴いてくださる神さまは、私どもに走り寄ってくださる愛の神さまなのです(上掲の福音書には、 走り寄る愛を語った主イエスさまのたとえ話が保存されています)。

大地震の直後、私どもの仲間は救援物資を車に積み、被災地へ駆けつけました。信仰の詩人のように祈る民に、 主なる神さまは御救いを携えて走り寄ってくださる愛の神さまです。そして、そういう恵みは数え切れないというのが教会なのです。