渋沢教会
更新日:2010.4.27

4月18日 ペトロの手紙一による説教『恵みに踏みとどまる』

古畑 和彦牧師
詩編 第46編 1〜12節
ペトロの手紙一 第 5章 6〜14節

 

ペトロは、この手紙の最後の個所で、信仰の戦いに勝利するために、信仰者たちが「恵みにしっかり踏みとどま」(12)ることを求めてきました。 そのためには、まず「神の力強い御手の下で自分を低く」(6)すること、つまり主なる神への礼拝が正しくなされる必要があります。

ペトロは、神は信仰の戦いの勝利者を「完全な者……くださいます」(10)と言います。この言葉は、一度、どこかが欠けてしまったり壊れてしまったりして、 不完全になったものを、繕(つくろ)い直して元に戻すという意味の言葉です。恵みとは、私たちの破れを繕ってくださるものなのです。

ペトロは、手紙を結ぶにあたって、教会内での相互の「愛」をしっかり持っているようにと勧めます(14)。この「愛」は、 信仰者たちが「恵みにしっかり踏みとどまる」ことができるように支えあう愛です。そこから、一人で戦っているのではない、 みんなで戦い続ける生活が生まれてくるのです。