渋沢教会
更新日:2010.5.21

5月16日 エズラ記による説教『神に心を動かされて』

古畑 和彦牧師
エズラ記 第 1章 1〜11節
マルコによる福音書 第12章41〜44節

 

「主は……ペルシアの王キュロスの心を動かされた」(1)。紀元前539年、歴史の主である神の御手は、異教徒の王の心を動かされました。 イスラエルの民は、神殿の再建のために捕囚地バビロンからの帰還を許されたのです。 「神に心を動かされた者は皆、エルサレムの主の神殿を建てるために上って行こうとした」(5)。 家族をあげてエルサレムに帰るには、勇気と信仰が必要でした。それほどの決意のない人々、 「残りの者」(4)にも、帰還する人々を「支援」(6)するという責任がありました。 それも強制ではなく、自発的な進んでささげる精神をもってなされました。これは今日でも同じです。 神は、私たちの心を動かされます。私たちを私たちしかできない神の御業のために導いておられます。 それは、困難な働きかもしれません。しかし、神は御言葉をもって、私たちを支えておられます。 私たちはそのことを信じて、「神の栄光をあらわし、永遠に神を喜ぶ」(ウエストミンスター小教理問答1)人生を歩んでいきましょう。