渋沢教会
更新日:2010.9.10

9月5日 詩編による御言葉の説教「神さまの翼の陰」

浜崎 孝牧師
詩編57編1〜12節
コリントの信徒への手紙一 10章13節

 

サウルを逃れて洞窟にいたとき、ダビデは洞窟内の壁をみつめているうちに閃いたようです。「ここは、まるで御翼の陰のようだ……」と。 そして、それを契機に、「わたしのために何事も成し遂げてくださる神」(3)さまへの信仰が働き出し、心の動揺は鎮まり、 「神よ、わたしは心を確かにして/あなたに賛美の歌をうたいます」(8)という心境の変化を体験したのでした。

ダビデの閃きは、彼の詩的センスにもよったのでしょうが、それよりも御翼の陰を想い起こす信仰に養われて来たからこその出来事だったと想われます (申命記32章11〜12節、ルツ記2章12節、マタイによる福音書23章37節など参照)。

日曜日に教会堂でささげられている主日礼拝、これは御翼の陰の愛を信じる信仰を養っているのです(詩編36編8〜9節参照)。 渋沢教会の会堂は洞穴のように暗くはありませんが、そこは御翼の陰のような所であり、礼拝者は御翼の陰に身を寄せ合う子らなのです。

「洞窟にいたとき」は、悲惨な戦争の時代の防空壕の体験もそうですが、遠いどこかのことではなく、私どもも体験する苦難のことです。 御翼の陰の愛を信じる信仰を共有しましょう。