渋沢教会
更新日:2010.10.15

10月10日 説教「新しい人生をください」

大井 啓太郎牧師
詩編139編13〜18節
ヨハネ福音書 4章1〜30節

 

イエス様は普段は避けて通るサマリアをわざわざ通る道でガリラヤに向かわれました。疲れを覚えたイエス様は井戸のそばに座っていました。誰かを待っているかのように。 そこに一人の女性、それも人目を避けて生きてきた女性が水を汲みに来たのです。イエス様は、その女性に「水を飲ませてください」と頼みました。 サマリア人とユダヤ人は歴史的ないきさつから反目し合っていたので、この女性は驚きました。しかし、主イエスとのやり取りの中で、 自分が置かれている状況を見事に言い当てられ、自分が抱えていた「人生の渇き」を癒してくれる存在であることに気づいたのです。 イエス・キリストとの出会いによって、彼女は人生が変えられました。それまでの恥ずかしさ、後ろめたさから解放されて、主を証しする「新しい人生」へと導かれたのです。

私たちも、渇くもので、人生をごまかしごまかし生きてきたのではないでしょうか?それは又渇くものです。さらに強い渇きを覚えるものです。 お金や名誉、地位、人の移ろいゆく愛もまた渇くのです。今もまた、 礼拝しながら人生を導いてくださる本当の救い主を見失っていないでしょうか?主は新しい人生を与えてくださいます。 「私を信じなさい」と言われるキリストに全てをお委ねして霊と真理をもって礼拝する時、私たちの心に喜びと希望と言う「生きた水」が湧き出るのです。