渋沢教会
更新日:2011.5.07

5月1日 御言葉の説教『あなたは私を愛するか』

大井 啓太郎牧師
ヨハネ 21章15〜19節

 

復活の主イエスが弟子たちの前に現れたのはこれが3度目、それもガリラヤ湖で漁をしているときでした。 漁が終わり、食事をした後に主イエスとペトロのやりとりは始まります。「ヨハネの子シモン、この人達以上に私を愛しているか」。 主イエス様はそのように問う。それも3度も。ペトロは悲しくなった、と聖書は記していますが、はたしてただ信用されていないと感じて悲しくなったのでしょうか…。 主イエス様を3度知らないといったペトロです。彼の言葉、「主よ、あなたは何もかもご存じです。私があなたを愛している(フィレオー:友を愛する愛)ことを、 あなたはよく知っておられます」の中の「何もかもご存じです」に注目して下さい。主はペトロの限界を知っていました。アガペーの愛(神の愛)で愛せない感情的で、 思ったことを何でも言ってしまうペトロ。主イエス様はそのような弱さを持っている者に「私の羊を飼いなさい」と命ずるのです。

欠けのある弱い私たちでも、主は私たちを愛され、「私に従いなさい」と語られます。私たちの人生もまた、ペトロのように主のこの御言葉に従いたいのです。