渋沢教会
更新日:2011.5.28

5月22日 御言葉の説教「祈って変わるあなたの人生」

大井 啓太郎牧師
出エジ17章8〜13節
Tヨハネ5章13〜21節

 

モーセは、アロンとフルと共に丘の頂に登り、手を挙げて祈っていたのです。手を挙げている間は、イスラエルが優勢になり、手を下げると不利になった。 そこでアロンとフルが手を支えた結果、異民族に勝ったと聖書は記しています。祈りとは何でしょうか?

それは、神様との大切な対話の唯一の道具であり方法です。イエス様は、私たちに祈り方を教えられました。(マタイ6:5-8)

・偽善者たちのように人に見てもらおうとせず、祈る。/異邦人のようにくどくどと祈るな。/あなた方の父は願う前から、あなた方に必要なものは知っている。

主イエス様はこの後に、主の祈りを弟子たちに教えられました。全て神様はご存知だけれども、神様は私たちと話したいために、人格的に触れ合いたいために、 祈ることを私たちに求めています。

「祈りとその答えが違う」ように思う時もありますが、それは、神様の視点で「必要なもの」なのです。また「神の御心に適うことを私たちが願うなら、 神は聞き入れてくださる」のです。人生が変わるほどの祈りをささげましょう。