渋沢教会
更新日:2015.06.21

6月14日 御言葉の説教「あなたは何を信じるか」

大井 啓太郎牧師
ヨシュア24:14〜15
ヘブライ13:9,14〜16

 

 小児がんの子どもたちのために自分の髪の毛を伸ばした少年は、どうしていじめられてまで、2年半も他の子どものために髪の毛をのばしたのでしょうか? それは、それが素晴らしいことだということを知っていたからです。 彼には人がどういう時に悲しみ、どういう時に喜ぶか知っていました。自分の持っている素晴らしいきれいな髪の毛はきっと役に立つと信じていたのです。

 信じるということほど、人間的な営みはないと思います。 だからこそ、今大問題になっている様々な詐欺は、人間同士の信頼関係を損ねる、殺人にも匹敵する悪質な犯罪だと思います。 人の言葉が信じられなくなる時代、道でこどもに道を尋ねようものなら、もうそれだけで不審者扱いされてしまう時代、 積極的平和主義という言葉で平和憲法を骨抜きにしようとしている権力者、おそろしい犯罪を犯す宗教団体… もう、私たちは何を信じたらいいのか分からない時代に生きていると言えます。だからこそ、私たちは本当に、間違いのない貴いものを信じたいのです。 『ベン・ハー』という映画をTVで放映していましたが、この映画の原作には、A Tale of the Christ、『キリストの物語』という副題がついています。 作者のルー・ウォーレスはこの小説を書く前に、神はいないという本を書く予定だったそうです。 しかし、調べているうちに、神の存在を否定できなくなり、とうとうこのベン・ハーを世に送り出してしまったのです。

 今日の聖書には、「異なった教えに惑わされてはいけません」とありました。

 多くの教えがあります。神様が大勢いたり、これを食べてはならないとか、しかしそれらは本質的なことではない。 神様は私たちをどのように見てくださっているか、それが大事なのです。聖書が語る神様は、人を愛しておられ、人の犯した罪を赦すために、 主イエス・キリストをお遣わしになったというのです。そして、死から始まる新しい命のために天の国を用意してくださっているというのです。 キリストにつながる実は豊かな実をつけるのです。