渋沢教会
更新日:2015.07.20

7月12日 御言葉の説教「レギオン、住所・墓場」

大井 啓太郎牧師
イザヤ65:1〜7
マルコ5:1〜20

 

 嵐を静められた主イエス様が一晩嵐に苦しんだ次の日の朝、対岸のゲラサ人の地に着くとそこでも主イエス様の助けを必要としていた人に出会います。 彼(マタイ福音書では2人)は悪霊に心を支配され、凶暴で墓場で寝起きをしていた者でした。墓場が住まいというのは象徴的です。 彼は叫んでいました。自分が自分でないような苦しみ。家族からも仕事からも引き離された苦しみ。まさに彼は人生のどん底、人生の墓場に置かれていたのです。

 この時、彼は遠くからイエス様を見つけると走り寄ってひれ伏したと6節に書かれています。 悪霊は、イエス様と対決するのではなく、逃げだすのでもなく、「構わないでくれ、苦しめないでくれ」と願うのです。 この言葉に主イエス様は、この悪霊の名前を聞きました。その悪霊はレギオンと名乗りました。このレギオンというのは、 元の意味はローマ軍団(6千人)の呼び名でしたが転じて多数を意味します。 この悪霊はさらに豚に入らせてくれと願い、主はそれを許したため、 レギオンは近くにいた豚2000頭に入ったのです。そして悪霊は豚を溺死させることで、 飼い主たちが、主イエスをこのデカポリス地方から追い出すことを計画したのです。実際大事な財産を失う羽目になった人々は、 悪霊から解放された人の無事を喜ぶのではなく、主イエス様に出ていってくれと主を追い出すのです。 悪霊たちの最後の策略はまんまと成功し主は伝道することなく立ち去る事を余儀なくされます。しかし、主には秘策がありました。 それは、悪霊に取りつかれていた人でした。彼は自分の身に起きたことを証しし、福音の使者としてデカポリス地方の人々に主イエス様の素晴らしさを伝えたのです。 彼は人生の墓場から救われました。この人のように、身近な人々に自分に起きたことを証しすることこそ大切な働きなのです。 あなたでなければ伝えられない人がいるのです。