渋沢教会
更新日:2017.12.31

11月12日 御言葉の説教「私たちには夢があるC」

大井 啓太郎牧師
箴言17:6
Tペテロ3:13〜17

 

 渋沢教会創立60周年宣言 「私たちは、この秦野に神の愛を伝え続けます。」 2-1. 家族・友人・知人など親しい人々に福音を届けます。「 」に福音を届けます。

 この60周年宣言では、みなさん一人一人の家族、友人、知人にあなたが福音を届ける使命があることが語られています。しかしそれは責任というよりも、あなたのキリストに救われた喜びによってしていただきたいことであり、あなたのそうせずにはいられないという熱望こそがエネルギーとなるものです。牧師がやりなさいと言うからとか、教会の60周年宣言に書かれているからというぐらいの気持ちなら、かえって逆効果になるし、信仰の成長にもつながらないのです。そのためにまず、思い出していただきたいのは、みなさんが救われた時のことです。どのような状況にありましたか?そして、聖書や教会と出会ったのは、どういうきっかけでしたか?そこにはあなたのために、誰かが声をかけてくれたり、聖書や信仰書を手渡してくれたのではなかったですか?そういう人がいたからこそ、私たちは今こうして救われて、この場に集っているのです。あなたがどういう理由でキリストと出会い変えられたのか、それが証しです。難しい事を言う必要はありません。一番好きな聖句を一つ覚えて、聖書や教会と出会う前、出会った後、今キリストに生かされていることの喜びを5分ぐらいで説明できればそれで十分です。聖書の十分な知識がなくとも、あなたしかできない証しがあります。宣教ビジョンでは3年で一人の人が礼拝出席することを目標としています。

 夢見てください。あなたの大切な人が、一緒に礼拝に集うことができた喜びを。夢見てください。あなたの大切な人が洗礼を受け神の子となった喜びを。夢見てください。あなたの大切な人と神の国で永遠に生きることのできる喜びを。

説教詳細は休みます